バッハアンサンブル富山 > 練習日誌


7/31 7/24 7/17 7/10 7/3
4/17 4/10 4/03
3/27 3/20 3/13 3/6
2/27 2/20

2020年の日誌はこちら

2021/7/31


16:00~18:00 大練習室1

出席者18名。
マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、換気に配慮しながら練習しました。


▽ラジオ体操・発声の後、
まず、BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の6.Choral
について、一度通して歌った後、
フレーズごとにeで歌って音程やハーモニーを確認しました。
また、歌詞も発音を丁寧に確認しました。
きちんと指揮を見ること、
各フレーズの終わりの四分音符は拍の長さ分だけきちんと伸ばして切るときもそろえること、といった注意がありました。

▽1.Coroについても、歌詞の発音を確認し、
フレーズごとに歌って、歌い方を確認しました。
特に、フレーズの終わりに出てくる「mit deinem Knecht」が4パートでそろうように、
くり返し練習しました。
また、Allegro部分は速さに慣れるように92程度の速さで歌ったり、
きちんと発音できるようにゆっくり目の速さで歌ったりする練習をしました。
「kein」のkや「Leben」のlなども、きちんと聞こえるように意識して歌うこと、といった指示がありました。


2021/7/24


16:00~18:00 大練習室1

出席者22名。
マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、換気に配慮しながら練習しました。

16:00~17:30全体練習

▽ラジオ体操・発声の後、
まず、BWV161「Komm, du suesse Todesstunde」の6.Choralについて、一度通して歌った後、
発音の細かい確認をしました。
子音の入れ方、語尾のeの曖昧母音の歌い方、「Not」と「Tod」が韻を踏んでいることなども確認し、
一語一語の意味を踏まえた歌い方をするようにという注意もありました。
また、アカペラで歌って、ハーモニーも意識しました。

▽5.Chorusについても、歌詞の発音を確認し、
フレーズごとに歌って、歌い方を確認しました。
特に、「Jesu」の発音や、uウムラウトの発音、「Unsterblichkeit」の発音などを丁寧に練習しました。
また、29小節〜32小節が、G durの中でどのような和音の進行になっているかを確認し、
それを意識して歌うように、という指示もありました。

※BWV161のタイトル中の下線を施した箇所で、
「ue」は「uウムラウト」、「ss」は「エスツェット」です。


2021/7/17


16:00~18:00 大練習室1

▽上野先生のレッスン。出席者20名
マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、換気に配慮しながら練習しました。


▽ラジオ体操・発声の後、
BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroおよび7.Choral、
BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroおよび6.Choral
について、
それぞれ一度通して歌った後、
フレーズごとに、aiai…や歌詞で歌って、歌い方をご指導いただきました。

▽特に歌詞の発音について多く指導がありました。
まず、はっきりと発音すること、
上野先生の「Spracherziehung発音練習法」の課題1〜5、9、37を全員で練習しました。
また、母音eなどが暗くなりがちなので注意すること、
開母音と閉母音を意識することなど、細かい注意がありました。

▽また、歌詞の意味を考えること、
さらに旋律の印象を素直に音楽に表現すること、
BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroでは、
「und〜」という形に注意して、意味を考えて、ブレスは「und」の前に入れること、
BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroでは、
冒頭の各パートの「Herr」は、拍の長さいっぱいに伸ばし、
次のパートへつなげるという意識で歌うように、といった注意もありました。

2021/7/10


16:00~18:00 大練習室1

▽出席者21名
マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、換気に配慮しながら練習しました。

▽ラジオ体操・発声の後、
BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coro,
BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coro、Allegro部分、
BWV161「Komm, du suesse Todesstunde」の5.Chorusについて、
フレーズごとに、母音や、do、re、miなどで歌ってみて、音程や歌い方などを確認しました。
特にフレーズの末尾の語の語尾の複数の子音の入れ方について、音程をつけずに指揮に合わせて発音するなど、
タイミングを合わせる練習をしました。
また、休符の前に何となく音が消えるのではなく、休符の前まではきちんと伸ばし、休符をしっかり意識するように、
BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coro、Allegroでは、
二分音符の下降音型で、ほかのパートとの音のぶつかりを意識するという注意もありました。

▽また、
BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」、
BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」、
BWV161「Komm, du suesse Todesstunde」それぞれの終曲コラールも、アカペラも含めて練習しました。

▽合唱の際には、指揮者をしっかり見て合わせること、
また、土曜日の練習だけでは練習が不足しているので、自分で練習のし方を工夫して、個人練習を行うこと、といった指示がありました。

※BWV161のタイトル中の下線を施した箇所で、
「ue」は「uウムラウト」、「ss」は「エスツェット」です。

2021/7/3


16:00~18:00 大練習室1

▽表先生のご指導による女声パート練習
 出席者15名(ソプラノ10名、アルト5名)
マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、換気に配慮しながら練習しました。


▽発声の後、BWV161「Komm, du suesse Todesstunde」の
5.Chorusを、フレーズごとに、母音iやe、lo、さらに歌詞で歌い、音程や歌い方などを丁寧に見ていただきました。
このようなシンプルな曲は、音程を絶対に外さないように気をつけること、また、導音→主音という流れの中で、導音を意識すること、
メロディの流れを感じ、自分がどう歌いたいのかを考えて歌うようにといったご指示がありました。

▽次にBWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の
1.Coro、Allegroで、それぞれのパートのTuttiの部分の最初のフレーズを練習しました。

▽さらにBWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の
6.Choralも歌いました。
フレーズの終わりのフェルマータは音を伸ばして残ってしまわないように、という注意がありました。

※BWV161のタイトル中の下線を施した箇所で、「ue」は「uウムラウト」です。

練習日誌(男声)
15:00~17:00 府中ふれあい館視聴覚室

今日の男声の練習はで15時から17時まで、途中2回の換気兼休憩を挟んで行いました。
参加者はテノール2名、バス2名でした。

発声練習の後、BWV45と105の練習をしました。
それぞれのパートを音程等確認しながら母音で歌いました。


2021/4/17


16:00~18:00 大練習室1

▽表先生のレッスン。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。


▽16:00〜17:00 男声パート練習
 出席者6名(テノール3名、バス3名)
発声の後、増田さんの指揮で、発声の後、BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroと、BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroを、フレーズごとに歌い、音程や歌い方などを確認しました。

▽17:00〜18:00 女声パート練習
 出席者12名(ソプラノ7名、アルト5名)

発声の後、増田さんの指揮で、
BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coro、
BWV161「Komm, du suesse Todesstunde」の5.Chorus
BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroを、フレーズごとに歌い、 音程や歌い方などを確認しました。

さらにBWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の7.Choralも歌い方などを確認しました。

子音の入れ方に注意する、BWV105のAllegroでは、ピアノやピアニッシモの時に子音が弱くならないようにすること、
また、トリルの箇所は、佐々木先生のご指示に応じてトリルを入れられるようにしておくことという指示がありました。

※BWV161のタイトル中の下線を施した箇所で、
「ue」は「uウムラウト」、「ss」は「エスツェット」です。




2021/4/10


16:00~18:00 大練習室1

▽表先生のレッスン。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。


▽16:00〜17:00 女声パート練習
 出席者17名(ソプラノ10名、アルト7名)

▽発声の後、BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroを、
フレーズごとに歌い、音程などを確認しました。

▽次にBWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroも同様に歌い、音程などを確認しました。

▽「e」や「i」の母音はピッチが下がり気味になるのと、同音が続く場合の二音目以降もピッチが下がりやすいので気をつけるということ、
「Lebendege」は長いけれど一語だという意識を持ち、特に「ben」の「e」でメリスマが続いた後の「n」を忘れがちなので気をつけるように、といった指示がありました。




2021/4/03


16:00~18:00 大練習室1

▽表先生のレッスン。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。

出席者25名。

▽ラジオ体操・発声の後、
BWV161「Komm, du s??e Todesstunde」の5.Chorusについて、
まず「i」の母音でフレーズごとに歌い、歌い方などを見ていただきました。
次に歌詞の発音指導の後に歌詞をつけて歌いました。
調を決定づける和音の第3音や、細かい動きをする箇所の音が無くなってしまわないように、
また、歌詞の意味を思って歌うように、といった指示がありました。

▽さらに6.Choralについても、歌詞で歌って歌い方を見ていただきました。 発音や、子音の入れ方などに細かい注意がありました。

▽次にBWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroも見ていただきました。
「Herr」の歌い方を統一すること、後半Allegro部分では、複数のテーマが各パートで歌われる際に、どのパートで歌われるときにも同じように聞こえるように、
またメリスマは他パートのリズムの刻みにきちんと乗るように、といった指示がありました。




2021/3/27


16:00〜18:00 大練習室1

▽表先生のレッスン。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。

 出席者23名。

▽ラジオ体操・発声の後、
 BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の7.Choralについて、
 フレーズごとに歌い方を見ていただきました。
 特に、uの母音の発音と、それ以外の母音でも母音が浅くならないように気をつけること、
 八分音符が続く際に、二つ目、四つ目の八分音符の音が退かないように、
 といった注意がありました。

▽次にBWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の6.Choralについても、
 フレーズごとに歌い方を見ていただきました。
 ここでは特に、子音の入れ方について注意がありました。

▽さらに1.Coroの前半部分も見ていただきました。
 「Herr」は、高いところにおられる方へ呼びかける意識を持つように、
 などの注意がありました。
 さらに後半部分も一度歌いましたが、
 この部分は、まずは音程と強弱をきちんと覚えること、
 そのうえで言葉をつけていきましょう、ということでした。




2021/3/20


16:00〜18:00 大練習室1

▽表先生のレッスン。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。

 出席者22名。

▽ラジオ体操・発声の後、
 BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroについて、
 フレーズごとに各パートの音程や歌い方を見ていただきました。
 特に、フレーズの最初の音に、ぶれずにまっすぐに入ること、
 「o」で伸ばすメリスマ部分で、途中で母音が緩んで変わってしまいがちなので、
 最後まで「o」を意識して歌うこと、
 子音の入れ方などの注意がありました。

▽次にBWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の6.Choralについても、
 フレーズごとに各パートの音程や歌い方を見ていただきました。
 複数の子音が続く箇所で、「u」などの母音が挟まらないように、という注意がありました。

▽さらに1.Coroの前半部分も見ていただきました。

▽音程やリズムなどは、自分自身の責任で練習をし、そのうえで全体練習に臨みましょう、
 次回までに、BWV45と105のコラールは暗譜を心掛けてください、ということでした。




2021/3/13


16:00〜18:00 大練習室1

▽表先生のレッスン。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。

 出席者23名。

▽ラジオ体操・発声の後、
 BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の7.Choralから練習しました。
 まず、「lalala…」で歌って、各パートの音程や歌い方を見ていただいた後、
 歌詞をつけて歌いました。

 ▽次にBWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroも、
 フレーズごとに「lalala…」で歌って、各パートの音程や歌い方を見ていただいて、
 その後、歌詞をつけて歌い、発音のし方など、細かい注意点のご指導がありました。

 ▽まだ楽譜から離れることができず、先に進む歌い方ができていないので、
 楽譜をはずして歌えるように、覚えてしまいましょう、
 コラールは暗譜です、ということでした。




2021/3/6


16:00〜18:00 大練習室1

マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。

 出席者23名。

▽BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroについて、
 音程などを確認しながら歌いました。

 前半部分では、「Herr」は毎回新しく言い直し、
 どのパートで「Herr」を言っているのかを意識すること、
 パート内の声を合わせること、といった注意がありました。

 また後半部分では、佐々木先生のテンポに合わせられるようにしておくこと、
 最初のテーマと対になった下降音型について、
 それぞれどのパートが歌っているのかを意識するようにという指示がありました。

▽6.Choralについても、音程などを確認しながら歌いました。


▽最後に、新しくバスパートに入られた方へ、歓迎の気持ちを込めて
 BWV147の終曲コラール「主よ、人の望みの喜びよ」を歌いました。




2021/2/27


16:00〜18:00 大練習室1

マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。


▽16:00〜17:00 女声パート練習
 出席者16名(ソプラノ11名、アルト5名)。

▽発声の後、BWV161「Komm, du süße Todesstunde」の6.Choralを、
 ピアノで両パートの音を確認した後、ソプラノとアルトのハーモニーを意識しながら
 アカペラで歌い、さらに伴奏をつけて歌詞で歌いました。
 5.Chorusについても、フレーズごとにピアノに合わせて歌い、
 アカペラでハーモニーも確認した後、
 ピアノ伴奏付きで全体を通して歌詞で歌いました。

▽BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroを、
 少し遅めのテンポで、「e」の母音で全体を通して歌いました。


▽17:00〜18:00 男声パート練習
 出席者6名(テノール3名、バス3名)。

▽BWV161「Komm, du süße Todesstunde」の5.Coroおよび6.Choralを、
 復習のため母音唱で歌い、その後歌詞で、繰り返し歌いました。

 またBWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroについても、
 音程が不明瞭な部分を重点的に繰り返しながら、
 母音唱や歌詞をつけて歌いました。




2021/2/20


16:00〜18:00 大練習室1

マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。


▽16:00〜17:00 女声パート練習
 出席者15名(ソプラノ9名、アルト6名)。

▽発声の後、BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroを、
 「lalala…」やaの母音などで歌って音程などを確認した後、歌詞でも歌いました。
 特に歌詞に多いeやiの母音で音程が低くなりがちなのに注意することと、
 後半部分のLebendigerの二つ目のeでのメリスマの後にnをきちんと入れること、
 テーマの入りは意識してしっかり入ることなどに気をつけて練習しました。
 その後、6.Choralも、歌詞で歌いました。

▽さらに、BWV161「Komm, du süße Todesstunde」の5.Chorusについて、
 前半部分を歌詞をつけて歌い、特に41〜58小節を丁寧に練習しました。


▽17:00〜18:00 男声パート練習
 バスに新人が加わりました。出席者4名(テノール2名、バス2名)。

▽2カ月ぶりなので、声出しと音程の確認を主眼に、主に母音唱で練習しました。
 BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」は、
 1.CoroのAllegro以降を、初めはゆっくりと、後にテンポアップして数回歌いました。
 6.Choralは、伴奏の刻みが変わる章句の出だしが遅れぎみなので、注意して練習しました。

 BWV161「Komm, du süße Todesstunde」は十分な時間がなく、
 5.Chorusと6. Choralをそれぞれ1回通すだけで終わりました。



2020/12/19


16:00〜18:00 大練習室1

マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。

 出席者25名。


▽ラジオ体操・発声の後、
 まず、BWV161「Komm, du suse Todesstunde」の5.Chorusについて、
 「e」の母音で歌って音程を確認しました。

 特に41小節からの和音の展開を意識するようにという指示がありました。
 その後、歌詞のリズム読みをして、歌詞をつけて歌いました。


▽6.Choralについても、「e」の母音で歌って音程を確認し、
 リズム読みをして、歌詞をつけて歌いました。
 「u」の発音や、子音の重なりなども意識して練習しました。


▽BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroについても、
 「e」の母音で歌いました。


▽最後に「Stand Alone」を歌って、今年の歌い納めとしました。




2020/12/12


16:00〜18:00 大練習室1

▽パート練習。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮して練習しました。



▽16:00〜17:00 男女声パート練習
 参加人数 5名(テノール4名、バス1名)。

 BWV161「Komm, du suse Todesstunde」の5.Cirusと6.Coralを、
 まず母音唱で音程を確かめ、その後歌詞をつけて通しました。


▽17:00〜18:00 女声パート練習
 出席者14名(ソプラノ9名、アルト5名)。

 軽い体操・発声の後、BWV161「Komm, du suse Todesstunde」の5.Chorusについて、
 「lololo…」で音程を確認した後、歌詞をつけてゆっくり歌う練習をしました。
 次に、6.Choralについて、ハミングで音程などを確認し、歌詞をつけて歌いました。
 さらに、BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の6.Choralも、
 「lololo…」で音程などを確認した後、歌詞をつけて歌いました。

 ▽最後に、今日練習した曲を全部歌いました。
 




2020/12/5


16:00〜18:00 大練習室1

マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。

 出席者22名。


▽ラジオ体操・発声の後、
 まず、BWV161「Komm, du suse Todesstunde」の5.Chorusについて、
 「e」の母音で歌って音程を確認しました。
 特に和音を意識して歌うようにしました。
 その後、歌詞の発音を確認し、リズム読みした後、歌詞をつけて歌う練習をしました。


▽6.Choralについても、「i」の母音や「lalala…」で、自分のパートの音程だけでなく、
 ソプラノのコラール旋律を意識して歌えるように練習しました。
 その後、歌詞の発音を確認し、リズム読みをして、歌詞をつけて歌う練習もしました。




2020/11/28


16:00〜18:00 大練習室1

▽パート練習。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮して練習しました。



▽16:00〜17:00 女声パート練習
 参加人数 14名(ソプラノ10名、アルト4名)。

 BWV161「Komm, du suse Todesstunde」の5.Chorusについて、
 まず「a」などの母音で歌ってみてひととおり音程を確認した後、
 歌詞の子音を除いた母音だけで歌ってみる練習をフレーズごとに行い、
 その後、歌詞でも歌いました。

 特にソプラノの高い音の音程が低くなりがちなので、その点を重点的に練習しました。


▽17:00〜18:00 男声パート練習
 参加人数 5名(テノール3名、バス2名)。

 BWV161「Komm, du suse Todesstunde」の5.Chorusおよび6.Choralについて、
 歌詞はつけずに歌い、難しい箇所を中心に練習しました。
 その後、歌詞をつけて歌いました。
 




2020/11/21


16:00〜18:00 大練習室1

▽表先生のレッスン。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら、
ラジオ体操、発声練習の後、全体練習しました。
 出席者22名。


▽まず、BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroについて、
 「e」の母音で歌い、できていない所をご指導いただきました。

 特にフレーズ冒頭の「Herr」の歌い方について、直前で息を吸うのではなく、
 それより前に吸っておいて一度止め、そのままぶれずにまっすぐに歌えるように、
 パート毎にみていただきました。

 また、後半のAllegro部分では、フレーズの流れを意識して、
 途中で息継ぎをしてもその流れを乱さないようにという注意もありました。


▽6.Choralについて、「nenene…」で一度歌った後、
 ソプラノのリズムで音程をつけずに歌詞を読む練習をしました。

 その際には、母音を短くしてしまわず、できるだけ音符の長さいっぱいに伸ばすこと、
 伸ばしている間に揺れたりせず、まっすぐに伸ばすように意識すること、
 といった注意がありました。


▽歌詞をつけずにきちんと歌う練習をすることと、
 音程をつけずに歌詞をリズム読みする練習を分けて行ってください、ということでした。




2020/11/14


16:00〜18:00 大練習室1

▽パート練習。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮して練習しました。



▽16:00〜17:00 男声パート練習
 参加人数 6名(テノール3名、バス3名)。
 BWV161「Komm, du suse Todesstunde」の5.Chorusと6.Choralの音の確認を行いました。
 歌詞はつけずに母音で、パートごとに、その後男声で合わせて歌いました。


▽17:00〜18:00 女声パート練習
 参加人数 14名(ソプラノ9名、アルト5名)。
 発声練習の後、
 BWV161「Komm, du suse Todesstunde」の5.Chorusおよび6.Choralについて、
 フレーズごとに、歌詞はつけずに各パートそれぞれの音程やリズムを確認し、
 難しい箇所を取り出して練習した後、二声で合わせて歌いました。




2020/11/7


16:00〜18:00 大練習室1

マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら練習しました。

 出席者23名。


▽ラジオ体操・発声練習の後、
 BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」を練習しました。

 まず1.Coroの前半Adagioの部分を、「e」などの母音で歌いました。
 前奏(間奏)→フレーズの入りにかけての和音の変化をつかむことや、
 フレーズの終わりの「Knecht」の長さに注意して練習しました。


▽また後半部分のAllegroでは、「e」の母音や「eiei…」などで歌い、
 特にパート間の音のぶつかりを意識すること、
 フレーズの終わりが四分音符か二分音符かを
 きちんと区別して歌うことを注意して練習しました。


▽さらに6.Choralを「a」の母音で歌いました。
 各パートがコラール旋律を意識して歌えるように、
 ソプラノ以外のパートでもコラール旋律を歌ってみるなどの練習をしました。




2020/10/31


16:00〜18:00 大練習室1

▽パート練習。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮して練習しました。



▽16:00〜17:00 女声パート練習
 参加人数 16名(ソプラノ12名、アルト4名)。
 発声練習の後、
 BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroを練習しました。
 前半のAdagio部分を、まず「a」の母音で歌って音程などを確認し、歌詞をつけました。

 その後、後半Allegroは「a」の母音で音程などを確認しました。


▽17:00〜18:00 男声パート練習
 参加人数 4名(テノール3名、バス1名)。
 BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroを
 母音唱で練習しました。
 周りの声やピアノの音を聞くようにするなどして、リズムに気を付けながら歌いました。



2020/10/24


16:00〜18:00 大練習室1

▽パート練習。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮して練習しました。



▽16:00〜17:00 女声パート練習
 参加人数 15名(ソプラノ10名、アルト5名)。
 ラジオ体操、発声練習の後、
 BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の6.Choralを、
 「tititi…」「lalala…」で歌って音程などを確認した後、歌詞をつけて歌いました。

 その後、1.Coroを「tititi…」で、音程などを確認しながら練習しました。


▽17:00〜18:00 男声パート練習
 参加人数 4名(テノール3名、バス1名)。
 BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroを、
 「e」や「a」による母音唱で、母音の響きの違いに気を付けながら繰り返し練習しました。
 最後に歌詞をつけて歌いました。



2020/10/17


16:00〜18:00 大練習室1

▽表先生のレッスン。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら、
ラジオ体操、発声練習の後、全体練習しました。
 出席者23名。


▽BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coro、および7.Choral
 BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroおよび6.Choral
 BWV161「Komm, du süße Todesstunde」の5.Chorusおよび6.Choral
 のすべて、「e」、あるいは「lalala…」などで通して歌い、
 歌えていない所を取り出してご指導いただきました。


▽また、BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の7.Choralと、
 BWV161「Komm, du süße Todesstunde」の6.Choralについては、
 音符の長さいっぱいに母音を伸ばすことを意識して、歌詞のリズム読みもしました。


▽年末までに、音程とリズム、言葉を別々に練習して、確実に身につけるように、
 というご指示がありました。



2020/10/10


16:00〜18:00 大練習室1

▽表先生のレッスン。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮しながら、
ラジオ体操、発声練習の後、全体練習しました。
 出席者19名。


▽BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coroについて、
 パート別に母音唱でAllegroのsoloの箇所までご指導いただき、全体を通しました。

 特に、フレーズ冒頭のHerrは音がぶれないようにすること、
 また、音程によってポジションが変わらないようにすること、
 臨時記号は意識的に明確に歌い分けるように、とご指導がありました。

▽また、6.Choralも、eの母音と「lololo…」で全体を通しました。



2020/10/3


16:00〜18:00 大練習室1

▽パート練習。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮して練習しました。



▽16:00〜17:00 女声パート練習
 参加人数 17名(ソプラノ12名、アルト5名)。
 BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coro全体を
 練習しました。

 ピアノで各パートの音を弾いていただきながら音取りを確認した後、
 ピアノ伴奏に合わせて両パート一緒に歌いました。


▽17:00〜18:00 男声パート練習
 参加人数 6名(テノール4名、バス2名)。
 BWV105「Herr, gehe nicht ins Gerichit mit deinem Knecht」の1.Coro全体を
 練習しました。

 ピアニストに各パートの音を弾いていただいたり、音が取れていない箇所を繰り返し歌い
 音取りを進めました。



2020/9/26


16:00〜18:00 大練習室1

▽表先生のレッスン。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)で、
 換気に注意しながら、
ラジオ体操、発声練習の後、3週間ぶりの全体練習をしました。
 出席者24名。


▽BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroと7.Choralを、
 母音で歌って音程、リズムを確認した後、歌詞をつけました。

 最後に、BWV105「Herr, gehe nicht ins Gericht」の1.Coroと6.Coralをがむしゃらに通し、
 次週のパート練習につなぎました。



2020/9/19


16:00〜18:00 大練習室1

▽男声パート練習。
 出席者3名。前半テノール、後半バスの予定でしたが、バスの出席者がいなかったので、
 テノールだけの2時間練習となりました。
 マスク着用、横一列でソーシャル・ディスタンス(左右1m)を保ち、換気に注意しました。


▽BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroと7.Choralを練習しました。



2020/9/12


16:00〜18:00 大練習室1

▽女声パート練習。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮して練習しました。



▽16:00〜17:00 パート練習・アルト
 参加人数5名。
 BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coro、および7.Chralを練習しました。


▽17:00〜18:00 パート練習・ソプラノ
 参加人数10名。
 BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1 Coroを最後まで練習しました。



2020/9/5


16:00〜18:00 大練習室1

▽表先生のレッスン。マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 換気に配慮して練習しました。
出席者22名。


▽恒例のラジオ体操の後、30分ほどかけて、丁寧な発声練習をしていただきました。
 壁に張り付いて、ハミングの後、母音唱。響きの位置を意識しました。
 さらにハンドサインをしながらの階名唱を行いました。


▽BWV45「Es ist dir gesagt, Mensch,was gut ist」の1.Coro、37小節目から101小節を
 練習しました。

 各パート、短いフレーズに区切ってiなどの母音で歌い、音程や音のとらえ方を
 丁寧に見ていただきました。

 特に冒頭の「Es」は母音から入るので、音がぶれないように、前もって息を吸っておき、
 きちんと止めてから歌い出すようにということでした。
 また、たとえばソプラノの55〜57小節で三回繰り返されるシンコペーションを意識し、
 躍動感を持って歌うようにという指示がありました。



2020/8/8


16:00〜17:00 大練習室1

マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 25分練習―5分休憩のタイムスケジュールで練習しました。
出席者19名。


▽恒例のラジオ体操・発声の後、「楽に寄す(An die Musik)」(Schubert)の音取りをし、
 ドイツ語の歌詞で歌いました。

 言葉のつなぎ、たとえば前置詞の前で区切る、定冠詞と名詞はつなげる、
 特に1番と2番とではコンマの位置が異なる箇所があるので注意が必要ということでした。


▽BWV45「Es ist dir gesagt, Mensch,was gut ist」の1.Coro、および7.Choralを
 練習しました。

 1.Coroは107小節からの練習で、各パートのテーマの初めには印をつけておいて、
 目で確認しながら歌うようにという指示がありました。
 また7.Choralでは、「ü」の発音に注意するように、ということでした。



2020/8/1

バッハアンサンブル富山(BET)では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、
6月末まで練習を停止していましたが、7月4日より練習を再開しました。

新型コロナウイルス感染症の流行は先行き不透明で、活動も手探り状態ですが、
少しずつ無理のない範囲で活動を進めていくことができれば、と願いつつ、日々の練習内容などを書き留めていきます。


16:00〜17:30 大練習室1

マスク着用で、ソーシャル・ディスタンス(左右1m、前後2m)を保ち、
 25分練習―5分休憩のタイムスケジュールで練習しました。
出席者19名。

▽恒例のラジオ体操・発声の後、「Ich liebe dich」(Beethoven)を歌いました。
 ドイツ語の発音について、unsのsは清音、unsreのそれは濁音とするよう注意がありました。

▽BWV45「Es ist dir gesagt,Mensch,was gut ist」の1.Coroを練習しました。
 シンコペーションで現れるMenschを強調することや、
 fordertのfor-の長いメリスマの後のrをはっきり歌うことを注意しました。
 また、ブレスを取る場所についての確認もしました。